【大相撲】2020年3月場所(春場所)「番付」発表(幕内)

2020年3月8日より大相撲春場所(三月場所・大阪場所)開催。会場は例年通り「エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)」。2月24日には【番付】も発表されました。「幕内」力士の番付についてまとめましたので、ご覧ください!


スポンサーリンク

2020年三月場所「番付」(春場所・大阪場所)

大相撲春場所の番付。33場所連続で大関を務めた豪栄道が引退し、大関が貴景勝1人に。そこで鶴竜が大関の地位を兼ねる「横綱大関」と表記されました。なんと「横綱大関」と記されるのは38年ぶりなんだそう。

大関昇進がかかる朝乃山は東の関脇に。春場所で12勝以上すれば直近3場所の勝ち星合計が大関昇進の目安とされる「33」に届くことになります。

また先場所、幕内の最も下位の「幕尻」で優勝した徳勝龍は自己最高となる西前頭2枚目となりました。

新入幕は東前頭18枚目の琴ノ若(22歳)。父親は師匠の佐渡ヶ嶽親方(元関脇 琴ノ若)です。今後が楽しみですね♪

番付表【幕内】

【東】番付【西】
白鵬(宮城野モンゴル)横綱鶴竜(陸奥/モンゴル)
貴景勝(千賀ノ浦/兵庫)大関
朝乃山(高砂/富山)関脇正代(時津風/熊本)
北勝富士(八角/埼玉)小結遠藤(追手風/石川)
大栄翔(追手風/埼玉)前頭筆頭高安(田子ノ浦/茨城)
隠岐の海(八角/島根)前頭二枚目徳勝龍(木瀬/奈良)
豊山(時津風/新潟)前頭三枚目御嶽海(出羽海/長野)
炎鵬(宮城野/石川)前頭四枚目阿炎(錣山/埼玉)
竜電(高田川/山梨)前頭五枚目阿武咲(阿武松/青森)
妙義龍(境川/兵庫)前頭六枚目輝(高田川/石川)
宝富士(伊勢ヶ濱/青森)前頭七枚目玉鷲(片男波/モンゴル)
松鳳山(二所ノ関/福岡)前頭八枚目霧馬山(陸奥/モンゴル)
隆の勝(千賀ノ浦/千葉)前頭九枚目栃ノ心(春日野/ジョージア)
佐田の海(境川/熊本)前頭十枚目栃煌山(春日野/高知)
千代大龍(九重/東京)前頭十一枚目照強(伊勢ケ濱/兵庫)
石浦(宮城野/鳥取)前頭十二枚目勢(伊勢ノ海/大阪)
琴奨菊(佐渡ヶ嶽/福岡)前頭十三枚目碧山(春日野/ブルガリア)
魁聖(友綱/ブラジル)前頭十四枚目錦木(伊勢ノ海/岩手)
剣翔(追手風/東京)前頭十五枚目千代丸(九重/鹿児島)
東龍(玉ノ井/モンゴル)前頭十六枚目志摩ノ海(木瀬/三重)
明生(立浪/鹿児島)前頭十七枚目大奄美(追手風/鹿児島)
琴ノ若(佐渡ヶ嶽/千葉)新入幕前頭十八枚目
三月場所(春場所・大阪場所)
日程:2020年3月8日(日)~【千秋楽】3月22日(日)
会場:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)
所在地: 大阪市浪速区難波中3-4-36
前売り開始日:2019年2月2日(日)~

【大阪場所】の宿舎一覧(2020年)

2020年「大相撲 本場所」のスケジュール

スポンサーリンク

番付トピックス

大関 貴景勝
一人大関は昭和57年1月場所の琴風以来。

関脇 朝乃山
2場所連続の関脇。三役は3場所連続。

再関脇 正代
平成29年1月場所以来、19場所ぶりの関脇。
三役は平成29年3月場所以来18場所ぶり。

スポンサーリンク

再小結 北勝富士
2場所ぶりの小結。

再小結遠藤
2場所ぶりの小結。

新入幕 琴ノ若
佐渡ヶ嶽部屋からは平成30年7月場所の琴恵光以来の入幕。
元関脇・琴ノ若(現 佐渡ヶ嶽親方)が父親。新たな親子幕内は、平成26年5月場所の佐田の海親子以来、史上9組目。

再入幕 錦木
2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 大奄美
平成31年1月場所以来、7場所ぶりの幕内復帰。

過去の番付

▼ これまでの番付はこちら

タイトルとURLをコピーしました