Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【大相撲】2019年七月場所「番付」発表(幕内)

2019年7月7日より大相撲七月場所が今年も名古屋で開催されます。令和になって初の名古屋場所、会場はいつもと同じく「ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)」です。本日【番付】が発表されました。「幕内」力士の番付についてまとめましたので、ご覧ください!


スポンサーリンク

2019年七月場所「番付」

番付表【幕内】

【東】番付【西】
鶴竜(井筒/モンゴル)横綱白鵬(宮城野モンゴル)
豪栄道(境川/大阪)大関高安(田子ノ浦/茨城)
貴景勝(千賀ノ浦/兵庫)大関栃ノ心(春日野/ジョージア)
御嶽海(出羽海/長野)関脇玉鷲(片男波/モンゴル)
阿炎(錣山/埼玉)小結竜電(高田川/山梨)
朝乃山(高砂/富山)前頭筆頭北勝富士(八角/埼玉)
碧山(春日野/ブルガリア)前頭二枚目遠藤(追手風/石川)
正代(時津風/熊本)前頭三枚目大栄翔(追手風/埼玉)
明生(立浪/鹿児島)前頭四枚目逸ノ城(湊/モンゴル)
琴奨菊(佐渡ヶ嶽/福岡)前頭五枚目宝富士(伊勢ヶ濱/青森)
千代大龍(九重/東京)前頭六枚目志摩ノ海(木瀬/三重)
妙義龍(境川/兵庫)前頭七枚目友風(尾車/神奈川)
阿武咲(阿武松/青森)前頭八枚目隠岐の海(八角/島根)
松鳳山(二所ノ関/福岡)前頭九枚目大翔鵬(追手風/モンゴル)
琴恵光(佐渡ヶ嶽/宮崎)前頭十枚目貴源治(千賀ノ浦/栃木)
嘉風(尾車/大分)前頭十一枚目錦木(伊勢ノ海/岩手)
栃煌山(春日野/高知)前頭十二枚目輝(高田川/石川)
千代丸(九重/鹿児島)前頭十三枚目佐田の海(境川/熊本)
豊ノ島(時津風/高知)前頭十四枚目炎鵬(宮城野/石川)
矢後(尾車/北海道)前頭十五枚目魁聖(友綱/ブラジル)
琴勇輝(佐渡ヶ嶽/香川)前頭十六枚目照強(伊勢ケ濱/兵庫)
七月場所(名古屋場所)
日程:令和元年年7月7日(日)~7月21日(日)
会場:ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

2019年「大相撲 本場所」のスケジュール

「名古屋場所」宿舎一覧

番付トピックス

横綱は東西が入れ替わり、東が鶴竜、西が白鵬に。鶴竜は横綱在位32場所となり、千代の山と並び史上10位タイ。昨年の夏場所以来6回目の優勝を目指します。横綱在位1位の白鵬(72場所)は、全休明けからの復帰を目指します(優勝したら43回目)。大関の貴景勝は先場所2度の途中休場。大関2場所目でかど番となりました。ケガの回復が気になります。

夏場所で優勝した朝乃山は東前頭筆頭に就きました。また、幕内昇進は3人。貴源治は新入幕、豊ノ島は2場所ぶりの復帰、琴勇輝は3場所ぶりの復帰となりました。

横綱 鶴竜
横綱在位32場所。史上10位タイ。

大関 貴景勝
初のカド番。大関2場所目でカド番は平成30年9月場所の栃ノ心以来9人目。

再大関 栃ノ心
大関復帰は平成17年3月場所の栃東以来。

再関脇 御嶽海
平成30年11月場所以来4場所ぶりの関脇。15場所連続三役は昭和以降単独2位。

再関脇 玉鷲
2場所ぶりの関脇。三役も2場所ぶり。

スポンサーリンク

新小結 阿炎
錣山部屋からは平成23年11月場所の豊真将以来2人目。
埼玉県からは戦後4人目。

新小結 竜電
高田川部屋からは現師匠が継承してから初めて。
山梨県からは戦後3人目。

新入幕 貴源治
千賀ノ浦部屋からは平成30年9月場所の隆の勝以来。
栃木県からは戦後4人目。

再入幕 豊ノ島
2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 琴勇輝
平成31年1月場所以来3場所ぶりの幕内復帰。


過去の番付

▼ これまでの番付はこちら


タイトルとURLをコピーしました