【大相撲】平成30年十一月場所「番付」発表(幕内)

11月11日から始まる平成30年十一月場所(大相撲福岡場所)【番付】が発表されました。9月場所(秋場所)で41回目の優勝を飾った白鵬が5場所ぶりに東の正横綱に。大関・関脇は変わらず。小結は貴景勝が東に移り、西には魁聖が返り咲き。その他の「幕内」力士についてまとめましたのでご覧ください♪

スポンサーリンク


平成30年「大相撲 本場所」のスケジュールについてはこちら
大相撲【福岡場所】宿舎一覧(2018年)~大相撲 十一月場所


番付表【幕内】

平成30年十一月場所「番付」

【東】 番付 【西】
白鵬(宮城野モンゴル) 横綱 鶴竜(井筒/モンゴル)
稀勢の里(田子ノ浦/茨城) 横綱
豪栄道(境川/大阪) 大関 高安(田子ノ浦/茨城)
関脇 栃ノ心(春日野/ジョージア)
御嶽海(出羽海/長野) 関脇 逸ノ城(湊/モンゴル)
貴景勝(貴乃花/兵庫) 小結 魁聖(友綱/ブラジル)
妙義龍(境川/兵庫) 前頭筆頭 北勝富士(八角/埼玉)
栃煌山(春日野/高知) 前頭二枚目 玉鷲(片男波/モンゴル)
錦木(伊勢ノ海/岩手) 前頭三枚目 竜電(高田川/山梨)
正代(時津風/熊本) 前頭四枚目 嘉風(尾車/大分)
千代大龍(九重/東京) 前頭五枚目 朝乃山(高砂/富山)
貴ノ岩(千賀ノ浦/モンゴル) 前頭六枚目 輝(高田川/石川)
阿炎(錣山/埼玉) 前頭七枚目 松鳳山(二所ノ関/福岡)
勢(伊勢ノ海/大阪) 前頭八枚目 宝富士(伊勢ヶ濱/青森)
琴奨菊(佐渡ヶ嶽/福岡) 前頭九枚目 大栄翔(追手風/埼玉)
佐田の海(境川/熊本) 前頭十枚目 豊山(時津風/新潟)
千代の国(九重/三重) 前頭十一枚目 隠岐の海(八角/島根)
碧山(春日野/ブルガリア) 前頭十二枚目 遠藤(追手風/石川)
阿武咲(阿武松/青森) 前頭十三枚目 隆の勝(千賀ノ浦/千葉)
千代翔馬(九重/モンゴル) 前頭十四枚目 大翔丸(追手風/大阪)
大奄美(追手風/鹿児島)/td>

スポンサーリンク
前頭十五枚目 明生(立浪/鹿児島)
荒鷲(峰崎/モンゴル) 前頭十六枚目 千代丸(九重/鹿児島)

過去の番付

▼ これまでの番付はこちら
平成30年九月場所「番付」発表(幕内)
平成30年七月場所「番付」発表(幕内)
平成30年五月場所「番付」(幕内)
平成30年三月場所「番付」(幕内)
平成30年一月場所「番付」(幕内)
平成29年十一月場所「番付」(幕内)
平成29年九月場所「番付」(幕内)


番付トピックス

関脇 御嶽海
3場所連続の関脇。昭和以降7位タイの11場所連続三役。

関脇 逸ノ城
4場所連続の関脇。三役は5場所連続。

小結 貴景勝
2場所連続の小結。三役も2場所連続。

再小結 魁聖
平成28年9月場所以来13場所ぶりの小結。

再入幕 大奄美
平成30年5月場所以来3場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 明生
2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 荒鷲
2場所ぶりの幕内復帰。


スポンサーリンク