【大相撲】平成30年七月場所「番付」発表(幕内)

平成30年七月場所【番付】が発表されました。栃ノ心(春日野部屋)が大関に昇進。ジョージア出身力士の大関出身は初、外国出身力士では2015年名古屋場所の照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)以来11人目となります。また、先場所負け越した豪栄道(境川部屋)、高安(田子ノ浦部屋)の2大関はカド番になります(=七月場所で負け越したら大関から陥落)。また、元大関の照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)が、大関経験者・幕内優勝経験者としては初めて幕下に陥落してしまいました…。その他、「幕内」力士についてまとめましたのでご覧ください♪

スポンサーリンク


平成30年「大相撲 本場所」のスケジュールについてはこちら
大相撲【名古屋場所】宿舎一覧(2018年)


番付表【幕内】

平成30年七月場所「番付」

【東】 番付 【西】
鶴竜(井筒/モンゴル) 横綱 白鵬(宮城野モンゴル)
稀勢の里(田子ノ浦/茨城) 横綱
豪栄道(境川/大阪) 大関 高安(田子ノ浦/茨城)
関脇 栃ノ心(春日野/ジョージア)
逸ノ城(湊/モンゴル) 関脇 御嶽海(出羽海/長野)
玉鷲(片男波/モンゴル) 小結 松鳳山(二所ノ関/福岡)
正代(時津風/熊本) 前頭筆頭 琴奨菊(佐渡ヶ嶽/福岡)
勢(伊勢ノ海/大阪) 前頭二枚目 千代の国(九重/三重)
阿炎(錣山/埼玉) 前頭三枚目 貴景勝(貴乃花/兵庫)
魁聖(友綱/ブラジル) 前頭四枚目 輝(高田川/石川)
大翔丸(追手風/大阪) 前頭五枚目 嘉風(尾車/大分)
遠藤(追手風/石川) 前頭六枚目 千代大龍(九重/東京)
宝富士(伊勢ヶ濱/青森) 前頭七枚目 大栄翔(追手風/埼玉)
千代翔馬(九重/モンゴル) 前頭八枚目 旭大星(友綱/北海道)
妙義龍(境川/兵庫) 前頭九枚目 豊山(時津風/新潟)
千代丸(九重/鹿児島) 前頭十枚目 錦木(伊勢ノ海/岩手)
碧山(春日野/ブルガリア) 前頭十一枚目 阿武咲(阿武松/青森)
佐田の海(境川/熊本) 前頭十二枚目 荒鷲(峰崎/モンゴル)
栃煌山(春日野/高知) 前頭十三枚目 朝乃山(高砂/富山)
琴恵光(佐渡ヶ嶽/宮崎) 前頭十四枚目 隠岐の海(八角/島根)
石浦(宮城野/鳥取) 前頭十五枚目 竜電(高田川/山梨)
北勝富士(八角/埼玉) 前頭十六枚目 明生(立浪/鹿児島)

過去の番付

▼ これまでの番付はこちら
平成30年五月場所「番付」(幕内)
平成30年三月場所「番付」(幕内)
平成30年一月場所「番付」(幕内)
平成29年十一月場所「番付」(幕内)
平成29年九月場所「番付」(幕内)

スポンサーリンク

番付トピックス

大関 豪栄道
平成29年9月場所以来、自身7度目の大関カド番。

大関 高安
平成29年11月場所以来、自身2度目の大関カド番。

新大関 栃ノ心
新大関は平成29年7月場所の高安以来。平成以降25人目。
春日野部屋からの新大関は昭和37年7月場所の栃光・栃ノ海以来。
ジョージア出身の大関は初めて。外国出身力士としては平成27年7月場所の照ノ富士以来11人目。

関脇 逸ノ城
2場所連続の関脇。三役は3場所連続。

再関脇 御嶽海
2場所ぶりの関脇。三役は9場所連続。

再小結 玉鷲
平成29年9月場所以来、5場所ぶりの小結。三役は3場所ぶり。

再小結 松鳳山
平成26年3月場所以来、26場所ぶりの小結。

新入幕 琴恵光
佐渡ヶ嶽部屋からは、平成25年1月場所の琴勇輝以来3人目(現師匠が平成17年11月に継承してから)。

新入幕 明生
立浪部屋からは、平成21年7月場所の猛虎浪以来3人目(現師匠が平成11年2月に継承してから)。

再入幕 阿武咲
2場所ぶりの幕内復帰。

照ノ富士
大関経験者・幕内優勝経験者の幕下陥落は初めて。


平成30年七月場所「宿舎」一覧

七月場所(名古屋場所)の宿舎について一覧にまとめました。
大相撲【名古屋場所】宿舎一覧(2018年)

平成30年「大相撲 本場所」のスケジュールについてはこちら

スポンサーリンク